脱毛して彼氏をゲット

キレイに脱毛して彼をGET?!

キレイに脱毛して彼をGET?!

←(前編)デリカシーのない従兄

 

時が経ち、私は大学受験を間近に控えていました。

そんな時、パパがある約束をしてくれました。

「高校を卒業したら脱毛エステにでも行って来い」と言ってくれたのです。

 

高校生になってから初めて出来た彼氏に、急に振られたことがありました。

その原因は、夏休みに一緒に行ったプールでの出来事でした。

私の体は見ただけで毛が生えているのが分かるくらいです。

水着になれば背中やお腹の毛まで見えてしまうと思ったので、わきの下や腕と同じように全身くまなく剃って出掛けました。

まだ体の関係は一切なかったのですが、ちょこっと彼氏の手が肩に触れた時に違和感を覚えたようです。

2人の間に一瞬だけ変な空気が流れました。

 

夏休みは沢山遊びに行こうと話していたのに、少しずつ連絡が途絶えるようになりました。

どうしたんだろうと思って彼氏と話し合ってみると、

全ての毛を剃っていたことがバレていて、それが彼氏にとっては嫌だったみたいです。

「そんな理由で嫌になるって!」と思いましたが、それ以外に理由はないのだと言われました。

 

悲しくなって家で塞ぎ込んでいると、パパがなだめてくれました。 高2の夏でした。

元々パパとは恋人みたいに仲が良かったのですが、

「よし、今年の夏はパパが沢山デートしてやる」と色々なところに連れて行ってくれました。

パパはあの時の落ち込みようを忘れられなかったのでしょうね。

私がボソッと「脱毛したら女らしくなれるかな?」と言っていたことを覚えてくれていました。

 

ママに脱毛エステに行っていいと言われたことを話してみると、パパも結構悩んでいたみたいです。

自分のせいであんな体になってしまったし、従兄にからかわれたり彼氏に振られたり、自分はダメな父親だとこぼしていたのです。

だからと言って私がパパを嫌いだった訳じゃないのに、パパはパパなりに真剣に毛深い事を悩んでいてくれたのです。

 

本当なら自分でお金を出して脱毛するべきところですが、私はそんなパパの優しさに甘えることにしました。

全身の脱毛となると、結構な時間が掛かることを知りました。

でも、私だって女らしく変身したい! 兄のようなツルツル肌になりたい!

無事に大学に合格した私は、パパが用意してくれたお金を持って脱毛エステに飛び込みました。

今は脱毛の真っ最中です。 二度とムダ毛で悲しい思いなんかしません!

 

⇒体験談3:真夜中のコンビニ事件

 


ホーム RSS購読